アンティークリノベーションについての情報が満載です

物件の良さを活かしたアンティークリノベーション

物件の良さを活かしたアンティークリノベーション 物件の良さや古さを活かしたアンティークリノベーションが注目されています。
古くなったものを少しでも新しく見せようとするのではなく、逆にもっと古くなるように工夫します。
たとえば、床全体を年代を感じさせるような雰囲気の無垢材のフローリングにしたり、システムキッチンの戸棚をアンティーク調にするだけでも、部屋の雰囲気はかなり変わりますし、ソファーなどもあえて時代を感じさせる色合いのものに変えると雰囲気は抜群に良くなります。
最新の調理器具とアンティークな雰囲気の床や家具の組み合わせが、アンバランスで楽しいところです。
工夫しだいでさらに発展させていくことができるので、色々な人のリノベーション例を参考にしながら、自分らしい部屋づくりを楽しむと良いでしょう。
アンティークとまではいかないものの、天井をはがして躯体のコンクリートをむき出しにしたり、ダクトをあえて見せたり、壁をタイルなどにしても古さの演出が可能です。

アンティークさを残したリノベーション物件

アンティークさを残したリノベーション物件 リノベーション物件の良さは、古民家などのアンティークさを残せることです。
古民家には新築の家にはない、どっしりとした落ち着きのようなものが感じられます。
ほど良いアンティークさを残すためには、できるだけ本体の部分に手を加えないことでしょう。
使えそうもない部分だけリノベーションして、現状維持で施工を進めてください。
古くても昔ながらの形を留めているだけで、その物件には価値があります。
手を加えすぎると、和洋折衷の中途半端な建物となってしまいます。
アンティークさが足りない場合は、建物に合った家具などを購入すればバランスが良くなります。
配色を合わせるだけでも建物全体との統一感が取れますから、木の質感に合った家具を購入しましょう。
コンクリートなども意外に合う組み合わせですが、7対3ぐらいの割合にしておくと古い中に新しさが感じられます。
まわりの風景に合った建物にすることで違和感なく、ぐっと住みやすくなりそうです。