空調のリノベーション

空調のリノベーション

空調のリノベーション 建物のリノベーションを考える場合は、どのような方向性で改修するか悩みがちではないでしょうか。その1つの答えとして、アンティークな空調を用いた改修という方法があります。何処か色がくすんでいたり錆びついていても、アンティークであれば納得したり許容することが可能です。また、それを魅力に感じる人も少なくないので、賃貸を前提としたリノベーションにおいても検討の余地があるといえます。

空調に的を絞ることで、ワンポイントを加えるような付加価値がつけられますし、アンティーク過ぎない比較的万人受けする改修が実現します。部分的にアンティーク要素を採り入れる、これが上手な改修のポイントで、建物の価値を新たにする切っ掛けとなります。後から設置することも不可能ではありませんが、例えばシーリングファンや換気扇のようなものは、予め設置を済ませておいた方が建物の価値は上がります。このように、方向性を決めて改修にワンポイントを加えることが、魅力ある物件という良い結果に結びつくのではないでしょうか。

アンティーク調のリノベーション!その通気性は?

アンティーク調のリノベーション!その通気性は? 最近はアンティーク調のリノベーションをする人も増えてきました。せっかくリノベーションをするのであれば、家族が住みやすい家にしたいものです。そんな場合には、室内窓を設置するのがおすすめです。家の設計の際には換気性が重要となるからです。室内窓を設置することで通気性や採光性が上がり、住み心地に良い家にできます。通気性を良くすることはハウスダスト対策や、カビ・ダニの発生を防ぐことが可能です。

子ども部屋に室内窓を作れば、子どもの様子をいつでもうかがえて安心です。大きいな室内窓を作ることで、複数の部屋がつがなっている感覚となり、室内空間を広く見せることも可能です。
なお、アンティーク調を狙いたいのであれば、室内窓にステンドガラスをつけるのも一つの手段です。カラフルなステンドグラスを採用すれば、室内空間おしゃれになりますし、まるでヨーロッパの建物のような雰囲気を演出することも可能です。他には、採光性と通気の状態を良くするために、階段に吹き抜けを採用するという手段もあります。